2007年06月30日

祝・日商簿記検定3級合格!

日商簿記検定3級、無事に合格しました!

合格発表は26日でした。

ドキドキしながらDAIーX(ダイエックス)に向かい受験票を提示すると、DAIーX(ダイエックス)の受付の人が笑顔で『合格』と教えてくれました☆

良かった〜。ホッとしました。
何としても簿記3級の資格は必要、落ちるわけにはいかないと思ったので・・・。

点数は70点合格中の87点でした。

思い起こせば試験当日は、朝から大雨&カミナリで、DAIーX(ダイエックス)の試験会場に向かうのも一苦労でした。

席は一番前で落ち着かず、簿記3級の試験中もカミナリの音が気になりました。

今回の簿記3級の試験は大きな問題として、『残高試算表』と『精算表』がでました。

私がまだ仕訳をしているというのに・・・隣の人はすごい勢いで電卓をたたき出し、ちょっと焦りました。

仕訳が終わり私も負けじと電卓をたたくと、試算表の合計がきちんと貸借一致し、ホッとしました。

次に手を付けた精算表も特に悩むような仕訳もなく貸借も一致し、試算表と精算表を終えた後は少し心に余裕ができ、残りの問題に進むことができました。

ギリギリ2時間ずっと問題を解いていました。周りの人達もギリギリ2時間使って問題を解いていたようです。

日商簿記検定3級の試験の一週間前、日商簿記検定3級の模擬試験がありました。

とてもレベルの高い試験で、仕訳も難しくボリュームがあり、かなり焦って電卓もたたき間違えたのか合計を出した時に貸借が合わず、見直す時間の余裕もなく次の問題へと進み、その時は本当にボロボロで落ち込みました。

その日商簿記検定3級の模擬試験をDAIーX(ダイエックス)で受験した人全体の平均点は、なんと50点以下だったそうです。

今思えば、その時の日商簿記検定3級の模擬試験が最悪ボロボロだった事から、残りの一週間簿記3級の勉強を本気で追い上げ、無事に合格することができたのだと思います。

来月からはいよいよ日商簿記2級の講座が始まります。
頑張って簿記2級も取得するぞ〜!
posted by kaokao at 19:15| Comment(50) | TrackBack(5) | 日商簿記検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

経理事務の仕事を始めて

転職で経理事務のアルバイトと始めて2ヶ月が過ぎました。

中小企業の経理事務で、ホテル関係の会社です。

もちろん働くなら正社員がいいけど、今はDAIーX(ダイエックス)の日商簿記検定3級の講座にも通っているので、融通もきくしまぁいいか・・・という感じです。

とにかく今は日商簿記検定取得という目標をもって頑張らなくては。

今の経理事務のアルバイトを長く続けるつもりはなく、正社員で経理事務の仕事があればきちんと正社員で働きたいと思っていますが、せめて日商簿記検定3級を取得してから転職先を探す予定です。その次は日商簿記検定2級も取得したいと思っています。

今は少しでも経理や簿記の経験を積んで次につなげていきたいです。

今の経理事務のアルバイトで、私の担当する仕事内容は主に「売掛」です。

ホテルの部屋代やレストラン代など、ツケにしている企業や個人に請求する仕事です。

基本的に経理事務の仕事は一日中数字とにらめっこ。
毎日・毎月同じとのをするので早く流れを把握し覚えたいと思っています。

私はずっと座っている事務の仕事が始めてです。
前職は医療事務で一日中バタバタと走り回り、混んでいるときはトイレにも思うように行けず水も飲めないような感じでした。

それから比べると、なんて事務職は楽なんだろうと思います。
好きなときにトイレに行けるし、コーヒーやお菓子をつまみ食いする・・・そんなこと前職の医療事務ではありえないことだったので、嬉しいかぎりです。

ただ、眠いときは大変で数字とにらめっこをしていると、そのうち意識が飛んで寝てしまいそうになることもあります。

「買掛」や「決算」などの他の業務にはまだまだ携われそうにないのですが、他の人がどのように仕事をしているかは少しずつわかってきているので、何事も経験になるのではないかと思っています。
posted by kaokao at 00:00| Comment(2) | 経理事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

日商簿記検定3級取得に向けて

DAIーX(ダイエックス)の日商簿記検定3級の講座に通い始め、全10回の講座中7回の講座が終了しました。

日商簿記のイメージとして、難しそうだし数字が苦手だし大丈夫かなぁと心配もありましたが、実際にはそこまで数字とは関係がないような気がします。

日商簿記検定3級の学習の大きな山は「仕訳」です。

お金の出入り(取引)を、その理由や形態から左側(借方)と右側(貸方)に分けて記入していきます。
ルールは左右が同じ金額になることです。

DAIーX(ダイエックス)での日商簿記講座も7回目の講座が終了し、だんだんと難しくややこしくなってきました。

内容としては、簿記の基本・貸借対照表・損益計算書・取引・仕訳・主要簿・現金・当座預金・現金過不足・小口現金出納帳・当座借越・3分法・返品・値引・諸掛・手付金・商品券・仕入帳・売掛帳・商品有高帳・手形・手形記入帳・引出金・有価証券・債権債務・訂正仕訳・伝票・試算表・・・などについて学んできました。


次回からはいよいよ「決算」に入るということで、今まで学んだ「簿記」について総復習をしておくように!と、DAIーX(ダイエックス)の簿記3級講座の講師に言われました。

ふだん仕事をしていると復習する時間が取れなかったり、難しくてなかなか頭に入っていかなかったりもしますが、勉強をするのは久しぶりでかなり脳みそを使っている気がします。

何事もそうだと思いますが、人生、学び吸収することは大切だと思います。

今まで学んだ簿記について、このゴールデンウィークは遊びの時間を削ってきちんと復習していかなくては!と思います。

posted by kaokao at 15:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 簿記講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

経理事務の求人A

転職で経理事務の求人を探して、
次に派遣会社のヒューマンリソシアに問い合わせをしてみました。

すると1社、経理事務の実務未経験で紹介がきました。

仕事内容は、経理事務といってもやはり未経験なので、経理のほんの一部「買掛金」の中のほんの一部、支払い明細書と請求書の金額を照らし合わせるといった、眠くなる作業を一日中しているような仕事内容でした。

派遣先が大企業ということもあり、仕事が細かく分担されてしまうようです。

経理事務の仕事を覚えたいなら、中小企業が狙い目だと思います。細かく分担されることなく色々経験できると思うので。

結局その派遣先は家から乗り換えが3回、1時間半もかかる会社だったので、派遣社員は交通費もでないし辞めました。

派遣会社のヒューマンリソシアの担当者には、他に経理事務・未経験OKであったら連絡をもらえるように伝えましたが、その後連絡はありません・・・。

次に派遣会社のパソナソーシングにも問い合わせしてみましたが、経理事務・未経験OKという情報をインターネットで流しつつも、実際には経理事務・未経験では難しいといった感じでした。

やはり派遣社員では即戦力を問われるため難しいと考え、アルバイトで探すことにしました。

アルバイトだと時給は安いけど、まずは経理事務の実務を経験しようと思い、1社アルバイトで経理事務・未経験の求人と見つけました。
面接に行き、日商簿記検定の資格取得を目指して勉強中であることを伝えると即採用となりました。

中小企業で色々経験させてもらえそうです。

現在経理事務のアルバイトで働き始めて一ヶ月が過ぎ、仕事にも会社にも少しずつ慣れてきたところです。
posted by kaokao at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

経理事務の求人@

経理事務に転職しようと求人を探して、ハローワーク・インターネット・求人誌など、色々見てみました。

が、経理事務の求人で未経験はまず無いと思ってよいでしょう。

経理事務の求人は、経理事務の実務経験を問うものがほとんどで、未経験の場合は最低でも日商簿記検定3級の資格取得や
その程度の知識が要求されます。

私の場合、経理事務の実務経験も日商簿記検定3級の資格もないので、まず正社員としては難しい状態でした。

そこでまずは少しでも経理事務の実務経験を積もうと、派遣社員で探してみることにしました。

インターネットで、派遣→経理事務→未経験OKで引っかかる求人を見つけ、派遣会社に電話で問い合わせをしてみました。

スタッフサービス・ヒューマンリソシア・パソナソーシングに問い合わせしたところ、
まずスタッフサービスはインターネットに「経理事務・未経験OK」とでかでかと載せているわりに、実際問い合わせをすると、そんな求人ありましたっけ?という感じで、全く持ってただの人集めの求人情報でした。

スタッフサービスには以前登録したことがあるので、経理事務で未経験OKの求人が今後でてきたら連絡をもらえるようにお願いしましたが、
その後のお仕事紹介の電話は一般事務などの経理事務とは関係ない求人ばかりです。

経理はやはり実務経験がないと派遣社員ではなかなか求人自体が無いんだと思います。せめて簿記3級の資格を持っていれば別なのかもしれませんが。。。

やはり経理事務の実務未経験では難しいのかもしれません。
posted by kaokao at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

経理事務の給料

経理事務の給料は、他の事務職と比べ、最低給料と最高給料の格差が最も大きいようです。

簿記の専門知識を必要とする仕事なので、スキルレベルや経理事務の実務経験が給料にダイレクトに反映される傾向があります。

実務経験やスキルが高いと、
それだけで給料がアップするようです。

求人は経理事務の実務経験者、日商簿記の資格取得者を求める会社が多く、またPCスキルや英語力があるとプラスになる会社も多いです。

給料の相場として、経理事務の実務経験者で日商簿記の資格もスキルもある場合、40万円近くになります。

派遣の場合、会計事務所で決算業務を、あるいは企業でさまざまな経理業務を経験した派遣社員は時給も高いようです。

月次決算・年次決算まで担える人材が慢性的に不足しているのが現状です。

経理事務の給料は経理事務の実務経験・スキルレベルの差に比例する傾向があるので、経理事務の実務経験がない場合は、求人も難しく給料としては19万円くらいが相場です。

私の場合、経理事務の実務経験も日商簿記検定3級の資格もまだ取得していないので、まずはDAI-X(ダイエックス)で簿記の勉強をしながら経理事務の実務経験を積もうと、未経験でもOKな求人を探し始めました。

posted by kaokao at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 経理事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

経理事務の仕事

経理事務の仕事は、結婚・出産後の復帰もしやすい専門職です。

また、経理事務は常に安定したニーズがある仕事で、専門知識が必要な仕事ゆえ、一旦経理の知識・簿記の知識を身につければ、長期的に就業でき、求人も豊富といえます。

経理事務の仕事内容としては、伝票起票や仕訳業務などの初歩的な業務から、資産表作成、決算処理といった高度な知識が必要なものまであります。

基本的には経理事務の実務経験を重視する求人が多く、未経験の求人はまずないといってもいいでしょう。

経理事務未経験の場合、簿記検定2級以上の取得者、または簿記検定2級の取得が見込めると感じられる人なら、就職・転職のチャンスの可能性は大とのことです。

また、簿記検定2級と合わせPCスキルも必須で、簿記検定2級取得前でも、試験日を定めて勉強しているなど、意欲や努力も就職・転職につながる可能性は大です。

会計事務所などでは、経理事務の実務経験を求める傾向がありますが、アシスタントとして就職・転職できるケースもあるようです。

簿記検定3級では最低ラインの資格なのだと、改めて思いました。

私は、まずは簿記検定3級の取得を目指して頑張りたいと思いますが、今後経理事務の仕事をしていくにあたり、やはり簿記検定2級は必須なのだと、しっかりと目標を立てて向かっていきたいと思います。
posted by kaokao at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経理事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

日商簿記検定〜試験概要

簿記能力のレベルを認定する試験はいくつかあります。

その中で最も歴史があり、かつ社会的評価の高いものが、
経済産業省後援・日本商工会議所及び、各地商工会議所主催の「日商簿記検定」です。

「日商簿記検定」は受験資格は特になく、誰でも受験が可能です。

簿記検定3級・簿記検定2級の試験は、
毎年3回、6月の第2日曜日、11月の第3日曜日、2月の第4日曜日です。(簿記検定1級は毎年2回実施されています)

簿記3級の試験内容は「商業簿記」です。
「個人商店」を対象に、決算に関する初歩的実務、商業簿記の原理及び記帳の基礎など。

簿記2級の試験内容は「商業簿記と工業簿記」です。
商業高校レベルの商業簿記及び工業簿記、初歩的な原価計算など。

一般的には簿記の資格は2級から判断されるといわれています。

簿記3級では個人商店の簿記までとなりますが、それに対し簿記2級では株式会社の会計を扱い、コストの管理や簿記を学ぶことで、企業の無駄を把握していく事もできるという事になります。

そこで私は、6月に簿記3級・11月に簿記2級の資格取得を目標とし、DAI-X(ダイエックス)で簿記の勉強を始めました。
posted by kaokao at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日商簿記検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

日商簿記検定〜簿記とは

簿記とは「帳簿記入」のことです。

簿記は会社の財産の増減を帳簿に記録することを総じてこのようにいいます。

身近なものでは家計簿や小遣い帳も簿記といえますが、これらはお金の出入りに関して記録したにすぎないものです。

これに対し、簿記検定で学習する内容は、お金の出入りの原因・要因までも書き留め、このような記帳をすることで、正しい会社の状況を把握することができます。

社会を見渡せるようになるためには、簿記の知識が必要です。

簿記の知識を深めていくことが、社会と企業のつながり、仕組みなどへの深い理解につながり、結果として、人材としての評価にも結びつきます。

簿記の知識を身につけることは、可能性を広げるキッカケだと思います。

簿記3級を取得すると就職・転職やスキルアップの際には、履歴書に書ける資格としてアピールできることはもちろん、資産運用や財テクにすぐに対応できる役立つ知識でもあります。


最近は新入社員に簿記研修を身につけさせる企業が多いようです。起業ブームで発売された起業本にも多くの著者が簿記3級ぐらいの経理の知識は会社経営において必要であるといっています。

これからのスキルアップや経理事務への就職・転職を目指すためには、簿記3級の資格はもちろんのこと、簿記2級の資格は欠かせないスキルとなるようです。
posted by kaokao at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日商簿記検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

簿記3級の講座

簿記3級取得に向けて、まず何から始めたら良いか。
簿記の独学は無理だと考え、簿記講座に通おうとインターネットや「ケイコとマナブ」を参考にして簿記講座選びを始めました。

探せば探すほどどこの簿記講座が良いのかわからなくなりました。

企業で簿記検定を重視する所も多いようで、それだけに簿記検定のニーズは大きいようです。

人材派遣会社でも簿記講座を開催している所があったり、簿記のセミナーや簿記の専門学校など。簿記の通信講座もかなり目にしました。

色々探した中で、簿記講座のある、ユーキャン・資格の学校TAC(タック)・DAI-X(ダイエックス)にしぼり、ひとつずつ問い合わせをしてみました。

簿記講座を選ぶ理由としては、
まずは金額、コストはなるべくおさえたいと考えました。
次に場所、通うとなるとやはり職場または家から近いこと所がいいと考えました。

以上の2点を重視して探したところ、DAI‐X(ダイエックス)が一番良いのでは、と思い申込みをしました。

家からも近くて通いやすいし、私がDAI‐X(ダイエックス)に申込みをした時はキャンペーン中で全10回の簿記講座と答案練習のセットで簿記講座の授業料は17,000円でした。

また、DAI‐X(ダイエックス)には週2回簿記講座に通うのですが、万一都合が悪く授業に参加できないときはDAI-X(ダイエックス)の他の学校でも授業の振り替えができるし、簿記講座の授業をそのまま収録したDVDが何回でも視聴できる事により、予習復習ができるというDAI‐X(ダイエックス)に魅力を感じました。

まだDAI‐X(ダイエックス)に通い始めて間もないですが、DAI‐X(ダイエックス)の簿記講座の授業内容には満足しています。
posted by kaokao at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 簿記講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。